前回は幸せとは何かを書かせていただきました。

今日はその続きです。

まだ読んでなければ、この先を読んでも「?」となるかもしれないので、先に読んでいただければうれしいです。
幸せとは何か?哲学?お金を持っていること?人より勝っていること?

 

幸せについての定義をわかっていただいたあなたに、幸せになるために絶対にやってはいけないことをお伝えします。

幸せの定義から導かれた必然的なことなのですが・・・

 

たとえばこのような例を考えてみます。

頑張ってお金を貯めて、 500万円の車をあなたが買ったとしましょう。

そのときあなたは、夢にまで見た車を手に入れてとても嬉しいに違いありません。

きっと幸せでしょう。

 

そして嬉しさのあまり、自慢の新車をSNSにアップしてみました。

友達からは、「すごい!」「羨ましい!」「今度運転させて!」という賞賛のコメントが多数寄せられています。

それを見たあなたはさらに嬉しくなることでしょう。

 

そのSNSをさらに見ていたら、ちょうどお金持ちの友人も記事をアップした所です。

そこには、友人が買ったばかりの1,000万円の車の写真が載せられています。

こうなると、現実を突きつけられた気がして、先ほどまでの幸福感や嬉しさは一気に消失。

みじめさや悔しさや妬み、うらやましいという気持ちでいっぱいになってしまうこともあります。
また、あなたが牛丼が好きだとして、牛丼屋さんで大盛りの牛丼を食べていたとします。

大好物なものを食べれてあなたはとても幸せなはずです。

誰にも邪魔されず1人でゆっくり食べれるこの至高の時間は何事にも変えがたい、その気持ちであなたは今います。

そこで何気なくSNSを見たら、会社の同僚が楽しそうに行ったことのないような高い焼肉屋さんで楽しそうに盛り上がっている写真を見てしまいました。

この差は一体何と思わずにはいられないかもしれませんよね。

スポンサードリンク




ここで大事なポイントがあります。

幸せから遠ざかりやすい、不幸になりやすい思考のパターンが存在しています。

 

それは他人と比べるということです。

 

比べるという事は、他人を意識していることになります。

つまり、幸せかどうかが他人軸で決まってしまうのです。

 

あなたの人生はあなたが主人公のはずです。

なのになぜ脇役である他人があなたの幸せの基準になってしまうのでしょうか。

 

だから、満足できる生活をしていたとしても、「あの人の方がたくさんお金を稼いでいる」「生活水準が高い」と思い始めてしまうと不幸になってしまうのです。

 

最近はSNSが普及して、自分を公開する人が増えてきました。

他人の私生活を覗き見することが簡単になったということでもあります。

その結果、より自分と他人を比べてしまう機会が増えているのかもしれません。

SNS

SNSはアップする人の最もキラキラした時を切り取った最高のタイミングだけを載せることができます。

みんなと盛り上がってるパーティーや、旅行の写真など、非日常的な時をアップしてる人もたくさんいます。

その他人の最高の瞬間を、あなたはやりたくもない仕事で残業をしているむしゃくしゃした状態で見るとどうなりますか。

いちばん悪いタイミングですよね・・・

 

あなたの幸せはあなたという絶対的な基準で決めるべきです。

他人が宝くじで1等2億円が当たって、いきなりお金持ちなったとしても、逆に、嫌いな人が破産して夜逃げしたとしても、あなたの幸せには何の関係もないはずです。

 

仕事で同期の出世競争や、営業成績を比べられる、スポーツや音楽などの大会では、嫌でも順位が決められて、それによって幸福度が上がったり下がったりすることもあります。

だから、仕事は何のためにしているのか、スポーツや音楽は何のために始めたのか、それを忘れないでいただきたいです。

「仕事は家族を養うためだから、他人より先に出世する必要はない」

「体を動かすのが好きだから野球を始めた」

それが叶ったらあなたは幸せなのです。

キラキラ

あなたの人生です。

あなたが幸せを決めるべきなのです。

他人なんかに決められたらもったいないですよね・・・