幸せ

「幸せになりたい」

これは誰もが思うことです。

 

では、この幸せって一体何なのでしょう?

 

お金をたくさん持っていること?

芸能人の恋人がいること?

あの人にうらやましがられること?

人それぞれ定義があると思います。

 

ここでは、幸せとは何か、その一番最小限のファクターを考えてみましょう。

 

まず、お金に関してです。

私の嫁の同僚(男性)は毎月の小遣いが1万円です。

正直、全然足りないと感じる人が圧倒的だと思います。

 

でも、その人は、お酒を飲まない、タバコを吸わない、ギャンブルしない、物欲がない、という人。

だからなのか、毎月1万円でも余るようなのです。

実際、1万円を2万円にあげて欲しいと思うこともないようで・・・

 

で、その余ったお金を何に使うのかというと、貯めて、奥さんにプレゼントを買ってあげるのです!

それがその人の一番の楽しみだそうです。

 

ということは、お金の多い少ないが幸せに直結しているかといえば、最低限は必要ですが、それではないようです。

スポンサードリンク




他にも、ゲームがとても好きで、休みの日には睡眠時間6時間以外の18時間をずっと一人でゲームをしている男性もいます。

ゲームをすることが好きで、その時間が一番の幸せなのだとその方は言っていました。

 

このように考えると、幸せって何かを与えられたから芽生えるのではなくて、自分で作り出す感情なのかなと思います。

 

ということは、幸せを感じることは、100万円が必要でも、ジャニーズ所属の芸能人クラスの恋人が必要でもなくて、「どんなことにでも明るく楽しく反応できる」ことではないでしょうか。

で、幸せ体質というのは、それが習慣化していることではないでしょうか。

笑顔

どんな小さな出来事でも、「楽しい」「満足」「感謝」を感じることができる習慣を持っている人、それが幸せ体質なのだと思います。

 

もちろん、あなたには願望や願いがあるかと思います。

毎月100万円稼げるようになりたい、もっと出世したい、美味しいものが食べたい、旅行したい・・・

それを否定することも、願望は一切捨ててくださいということでもありません。

 

むしろ、それは叶えていただきたいのです。

それが叶うと間違いなく幸せを感じることができますから!

でも、同じ幸せになるなら、その願いが叶う過程も幸せであった方が楽しくないですか!?

 

あなたの願いが叶うまでに、おそらく色々なことがあります。

出世するために同僚や上司に助けられた、旅行したい国をインターネットで見ていたら、惚れ惚れするようなイケメンの画像を見つけたとか、大きいことから小さいことまで何でもあるかと思います。

 

そういう時に、「ありがとう!」や「イケメンの画像が見れてラッキー」と思えるか、それが幸せ体質なのでしょう。

小さなことでも幸せを感じることができる幸せ感度が高い人、それが本当の幸せな人だと私は思います。

私はまだまだ幸せ感度が高くないと思います・・・^^;

あなたはいかがでしょうか??